|top|1-23-45-67-89-1011-1213-1415-1617-1819-2021

     こ  洋  藤  を  試  浦  て  如  鹽  助  で  取  後  居  鹽  用  地  昨  予  
     の  洋  田  見  に  清  居  き  見  に  あ  ら  鹽  た  見  し  に  年     
     鹽  環  東  れ  末  澄  る  姿  の  よ  る  れ  見  が  に  た  擧  最     
     見  八  湖  ぱ  明  の  し  を  地  る   ` 遂  の  そ  地  と  行  初     
     に  洲  先  乍  起  水  又  眠  は  こ  か  に  原  れ  所  い  し  の     
     立   ° 生  ち  き  に  そ  れ  景  と  く  同  啓  を  を  ふ  た  遊     
     せ └   の  氣  出  落  の  る  勝  を  の  月  太  理  求  点   ° 泳     
     る  と  正  は  で  し  左  が  を  得  如  末  郎  事  め  に  本  練     
     我  あ  氣  澄  て  て  に  如  以  た  き  千  氏  會  寄  あ  回  習     
     寄  る  の  み  磯  勝  あ  き  て  我  短  六  北  に  宿  る  の  を     
     宿  が  歌  心  の  る  た  静  天  々  時  百  條  諮  舎   ° 練  鹽     
     舎  鹽  に  は  黒   ° つ  か  下  は  日  坪  の  り  を     習  見     
     こ  見   ┐ 高  き  更  て  な  に  永  の  の  小  總  建     に  に     
     そ  は  天  く  に  に  は  波  鳴  久  間  敷  原  會  設     於  試     
      ┐ 實  地  な  蒼  長  富  に  れ  忘  に  地  謙  に  せ     い  み     
     忠  に  正  る  白  鯨  嶽  涵  る  れ  か  の  治  問  ね     て  て     
     誠  神  大  て  き  潮  が  し  南  て  く  購  氏  ひ  ば     特  大     
     尊  州  氣  天  暁  を  揮  い  房  は  の  入  其  愈  な     に  成     
     皇  の   ° 地  の  噴  沌  る  の  な  如  を  の  々  ら     注  功     
     室  粹  粹  創  波  く  の  西  一  ら  き  見  他  具  ぬ     意  を     
      ° な  然  生  の  太  世  に  角  ぬ  大   ` 篤  体  と     す  収     
     孝  る  神  の  打  平  に  は  を   ° 規  七  志  的  い     べ  め     
     敬  も  州  あ  ち  洋  湧  三  占     模  月  の  に  ふ     き  た     
     事  の   ° さ  寄  は  き  浦  め     の  上  方  進  こ     は  朝     
     天  で  秀  ぼ  す  漂  出  半  て     本  旬  々  捗  と     鹽  陽     
     神  正  爲  ら  る  沙  し  島  居     據  建  は  し  は     見  會     
      ° 氣  不  け  を  と  秀  が  る     を  坪  東  た  第     の  遊     
     修  の  二  建  見  し  麗  雲   °    得  七  奔  の  一     地  泳     
     文  歌  嶽  國  よ  て  比  煙  北     た  十  西  は  回     に  部     
     興  を   ° の   ° 南  な  模  に     こ  九  走  今  の     永  は     
     奮  そ  巍  古  彼  に  き  糊  は     と  坪  殆  年  練     久  本     
     武  の  巍  も  れ  ひ  其  の  沖     は  の  ん  の  習     的  年     
      ° ま  聳  し  を  ら  の  間  の     一  寄  ど  五  の     の  七     
    └   ま  千  の  仰  け  姿  に  島     に  宿  献  月  際     本  月     
     心  見  秋  ば  ぎ  て  を  繪  の     こ  舎  身  の  か     據  第     
     身  る   ° る  其  居  名  の  靈     の  の  的  こ  ら     を  二     
     の  や  注  る  れ  る  に  や  島     地  建  に  と  切     得  回     
     靈  う  爲  で  を  の  し  う  が     篤  設  幹  で  實     て  の     
     場  で  大  は  望  で  負  に  其     志  を  旋  あ  に     そ  練     
     と  あ  瀛  な  み  あ  ふ  浮  の     家  見  の  る  感     れ  習     
     思  る  水  い  之  る  鏡  ぴ  玉     の  た  労   ° じ     を  を     
     ふ   °  ° か  れ   ° ケ  出  の     援  の  を  以  て     利  同     
      °        °                                            




              阿  東  大  次  も  間  る  し  學  我  然  と  御     稱  余  
              部  京  正  第  の  十  道  て  ぴ  々  に  あ  製     を  は  
              宗  府  十  あ  と  ニ  で  は  に  は  地  る  に     そ  こ  
              孝  立  二  る  大  日  あ  本  泳  こ  の   °       の  の  
                 第  年   ° 差  間  る  地  ぎ  こ  底  こ        ま  奇  
                 六  八     を  に   ° 篤  旭  に  か  の  さ     ま  宿  
                 中  月     認  擧  本  志  日  こ  ら  地  し     取  舎  
                 學        め  げ  回  家  の  の  こ  の  の     つ  に  
                 校        な  得  の  の  如  無  み  如  ぼ     た  名  
                 朝        い  た  遊  盡  き  二  上  き  る     の  づ  
                 陽         ° 成  泳  力  氣  の  げ  に  朝     ぐ  く  
                 會        こ  積  練  に  宇  靈  て  於  日     あ  る  
                 長        れ  は  習  酬  を  場  来  い  の     る  に  
                          余  勿  に  い  養  を  る  て  如     が  朝  
                          が  論  於  る  ひ  確  で  朝  く     こ  陽  
                          特  稱  い  と  黒  實  は  日  爽     の  舎  
                          に  揚  て  こ  金  に  な  を  に     舎  を  
                          朝  す  参  ろ  の  得  い  の  持     に  以  
                          陽  べ  加  が  如  た  か  ぞ  た     は  て  
                          舎  き  生  な  き  の   ° む  ま     さ  し  
                          落  で  二  く  身  で     と  ほ     う  た  
                          成  は  百  て  体  あ     き  し     し   ° 
                          の  あ  七  は  を  る     は  き     に  蓋  
                          所  る  十  な  錬   °    實  は     名  し  
                          感  が  八  ら  り  こ     に  心     が  校  
                          の  そ  名  ぬ  以  れ     爽  な     最  友  
                          み  の  が   ` て  よ     快  り     も  會  
                          を  内  本  是  大  り     な  け     ふ  を  
                          記  容  舎  諸  に  後     何  り     さ  朝  
                          し  に  並  子  し  は     と        は  陽  
                          て  至  に  が  て  毎     も        し  會  
                          本  つ  十  本  は  夏     い        い  と  
                          ア  て  の  舎  君  こ     へ        と  い  
                          ル  は  分  建  國  の     な        思  ふ  
                          バ  昨  舎  設  の  靈     い        つ  と  
                          ム  年  に  の  恩  場     男        た  こ  
                          の  の  宿  意  に  に     性        か  ろ  
                          序  序  し  義  報  よ     的        ら  か  
                          に  に  豫  を  じ  り     の        で  ら  
                          代  述  定  明   ` て     氣        あ  そ  
                          へ  べ  の  に  小  陸     が        る  の  
                          る  た  期  す  に  に     自         ° 名